禁煙のきっかけ

近年、禁煙外来というものも少しづつ広まり、禁煙に成功したという方も増えてきています。毎日、習慣のように吸っているタバコをどうして辞めることができたのか、よっぽどの理由があったのか?禁煙を思い立ったきっかけについて探ってみました。

塗装業者よりがんリスクが高い!禁煙の仕方を学ぶ

禁煙できないのは意志が弱いからではと考えてしまう人たちがいますが、多くはニコチン依存になっていることが原因であり、意志だけではどうにもすることができないため、専門的な治療が必要になります。

たばこをやめるべきなのは、がんになってしまうリスクが高いためで、化学薬品や物質を扱う塗装業者などよりも危険が高い場合があり、本人だけでなく場合によっては周りで煙を吸ってしまっている人たちが発症してしまうこともあります。受動喫煙、間接喫煙の問題で公共の場所や社内などでも禁煙や分煙が進んでいます。喫煙者がかかりやすいものには肺がんや咽頭がんをはじめとし、急性骨髄性白血病なども発症しやすくなります。

禁煙の仕方は専門医によって違いがありますが、健康保険等の範囲で受けることができる治療があります。すべてのクリニックで保険が適用される治療を行っている訳ではないため、確認してから行くと良いです。

禁煙補助薬を使うことにより徐々にニコチン依存から抜け出すことが可能ですし、たばこを吸ってもおいしいと思わない状態になることで禁煙することが可能になります。以前は微量にニコチンが含まれているガムなどがありましたが、ニコチンを含まない飲み薬が開発されており、医師に処方してもらうことができます。歯が弱くガムが噛めない人でも実践できて、飲むだけなので簡単です。使用上の注意をよく読み、服用中は自動車運転や機械操作に注意が必要になる場合があります。

壁などにたばこの有毒な物質がついたままだとがんのリスクが残ったままになるので、綺麗に洗うと良いです。重曹などで落とせますし、洗剤も売られていますが強力な洗剤は壁の塗装まで落としてしまうことがあるため、配慮して洗いましょう。