禁煙のきっかけ

近年、禁煙外来というものも少しづつ広まり、禁煙に成功したという方も増えてきています。毎日、習慣のように吸っているタバコをどうして辞めることができたのか、よっぽどの理由があったのか?禁煙を思い立ったきっかけについて探ってみました。

禁煙のためパチスロをやめて運動しよう

自分一人だけの力で禁煙をすることはかなり難しいことです。市販の禁煙グッズなどを購入して頑張っている方も多いでしょうが、喫煙が日頃の生活の中の一部として定着してしまっていると、そう簡単にタバコはやめられるものではありません。そして、自分の趣味が喫煙者と直結してしまっている場合などは要注意です。その代表的なものとして挙げられるのがパチスロです。ご存知の通り、ほとんどのパチスロ店は喫煙が自由に行えますので、パチスロ中にタバコを吸うという行為はセットになっているようなものです。自分なりにどのタイミングでタバコを吸うのかなど、ルーティーン化してしまっている人も多いでしょう。しかし、この組み合わせというのはある意味では最悪なものと言えるかもしれません。パチスロも店が儲かるシステムになっていますから、毎回良い思いをするわけではないでしょう。それに加えて負け込んでいればストレスも溜まりますから、その分タバコを吸う本数も増えてしまう傾向にあります。その悪循環から出来る限り早く抜け出すようにしなければなりません。そこでオススメなのが運動をすることです。今までパチスロをしていた時間、ジョギングやジムに通って筋トレをするなど180度違う行動をとってみましょう。最初は慣れていないため、健康的な生活に対して違和感を感じてしまうかもしれませんが、いずれそれが普通になってきます。同時に禁煙を行えば、健康的な生活を送ることができるようになるでしょう。禁煙をするためには、自分の周りの生活環境を変える必要もあります。タバコを吸うことができない、もしくは吸う必要がない状態に近づいていくことが何よりも大切であると言えるでしょう。